鉄分のサプリメントを飲むタイミングについて

女性は毎月生理があるので、男性に比べて貧血の症状に悩んでいる人が多いです。体内の鉄分が足りていない時には、サプリメントで鉄分不足を補うという方法があります。女性の場合、子宮筋腫などで生理の出血量が多くなると、結果的に貧血になりやすくなります。貧血は何もしないで放置しておくと、めまいで倒れたり、脳に酸素が不足することによって、脳が老化してアルツハイマーや脳梗塞の原因になったりします。病院の診断によっては、鉄欠乏症の治療に鉄剤を出してもらえることがありますが、鉄分サプリメントという方法もあります。鉄分は、タンニンとつながるとタンニン酸になり、吸収されづらくなるので、タンニンの多いコーヒーや紅茶との併用は避けましょう。鉄分のサプリメントを飲むタイミングは、コーヒーやお茶を飲まない空腹時か、食後に水で飲むようにします。お茶や、コーヒーを飲む時間から1時間以上離した上で、鉄分のサプリメントを飲むことで、吸収しやすくなります。貧血になると、頭がぼんやりして思考力が低下し、仕事の効率も下がりますし、物覚えもよくない状態が続いてしまいます。病院では血液検査によってヘモグロビンが少ないと診断されると、鉄剤を処方してくれます。鉄剤を飲むことで鉄分不足を改善することができれば、慢性的な疲労感も消えますし、思考能力も回復します。鉄分の多い食材を意識して献立に取り入れなければ、体内の鉄分が不足しがちですので、鉄分サプリメントを上手に使いたいものです。
自己破産 弁護士 東京都文京区

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です